仕組みを

私の根本的な探究心というか興味というかそういったものの原動力は、つまるところ物事の仕組みを解することなのだ。

エクリチュールとして物事を表現するとき、物事(オブジェクト)は対象(オブジェクト)として図式化され、マニュピレートあるいはオペレートされるけれど、そのとき自分はその図式の中でオブジェクトとして機能するのではなく、オブジェクトをやんわりと繋ぐ、あるいは間(隙間)を充足する媒体として存在する、そんなアンビュギアスな在り方、振る舞いとして投棄されるのもよいのではないかと思う。




修理にだしていたお気に入りのオーディオが帰ってきた。
早速今の気分にあった曲をかけつつ眠りに入る。

ジャズピアニストBrad Mehldau

従来のスティル(形式)だとか音楽性だとかメロディだとかリズムだとか、何事にもとらわれない自由なそれでいて秩序はあるなんだかわからない曖昧(アンビュギアス)な彼の音楽はこれぞジャズ!とも、これがジャズ?とも思わせてくれる逸品。
[PR]

  by gstomach | 2004-09-14 02:53 |

<< 研究 行動すること >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE