バランス

365日というスパンで考えると、その時々で時間を割かれるものについ熱中しすぎてバランスが偏りすぎてしまう。

今がまさにその時期で、研究に打ち込んでいるとその対象に限りなくどこまでも沈降したくなり、その願望は同化という一点に収斂するようにも思われる。果てはこいつを生涯の仕事に出来たらなと思うこともあるが、自分が研究に向いていない(能力がないという意味ではない。むしろそれを通り越したところに興味がある。)のはよくわかっているので、そういうときは逆に(?)仕事に打ち込もうと思う。いつだってこのどうどうめぐりをそうやって繰り返してきたのだ。

自分を研究に縛り付けているものはなんといっても非常に短スパンでやってくる研究評価の場である。ゼミ然り委員会然り講義に設計などなど。。。それらがとめどなくやってくるおかげで今やここ数ヶ月(半年近く)まともに休んだ(何も考えずにぼーっとする)ことがない。

知識の探求はそれだけでも価値があり、私のような人間には面白すぎて仕方がないのだが、やはりそれに固執してしまってはいけない。何事も実践(現実)と突き合わせて一体として考えなければならない。つまるところ、この忙しい時期に仕事(シェフ)も同様にあまり休まずしているのは、こういったバランスや生活・経済の安定も維持する上で欠かせないことなのだ。

研究に打ち込みたいから休みたいという思いはあるが、それをしてしまったらとことん迷い続けた挙句にそこから抜け出せない事態に陥りかねない。

やはり自分にとって建築と料理というものは一心同体に自己の中にある。

今の状況を端的に表現すると、自己の内部にそれぞれ確固とした領域を築きながらも持ちつ持たれつの危うい均衡を保っているものが、各々、あるいは時として別個に肥大化・拡散化するために自己を解体しようと作用する。それらは一心同体であるがゆえにどちらかが先行してもまずいのだが、そういった状況が起こるときに必ず精神やら肉体に偏重をきたす。一時期の自律神経失調症や今の体調不良などである。

何が言いたいのかというと、それらの肥大化・拡散化を代わりに担ってくれる誰か、ようするに助手あるいは部下がほしい今日この頃。

今は安心して仕事を任せられる後輩、適格に指導してくれる教官。将来的にはわが社の研究部門と職能集団。
[PR]

  by gstomach | 2004-10-30 06:59 |

<< 謹賀新年 フランスの女 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE