often consider moving to ...

今日は久しぶりに東京へライブを聞きに出かけた。
半年振りである。
真昼のグランドピアノ弾き語りオンリーのしっとりとしたライブで、
ドイツ留学中に友達になったJを連れて訪れる。

実は大学一年時に最初に友達になった友人のKが出演するとのことで
2倍のお楽しみがあった。
彼とは実に6年ぶりではあったけれど、お互い相変わらずの様子に
すぐさま昔を思い出し意気投合。
現役小学校教師でありながら週末限定で音楽活動を続けているとの
ことで、いやぁすばらしいもんだと素直に感心。
こういう先生っていいよなぁと思った。
実際お客さんの中には教え子の父母がいたりして実に面白い。

パフォーマンスといえばそれは実にすばらしかった。
さすが教師をしているだけあって、場の空気の読み方がうまい。
よどみなく流れる楽曲とMC。
曲間の一言も実に気が利いていて、ユーモアもあって
エンタテイン性が抜群だった。
心地よさを通り過ぎて素直にあのパフォーマンス勉強になった。
自分のサービスに是非取り入れよう。

都会の真っ只中にあり天然光が降り注ぐその箱は実に非日常的で
それだけでも雰囲気があったが、少々狭すぎる空間がアーティストと
観客との距離をも短縮してくれてインターコミュニケーションも弾む。

ShihoriともKとも大いに語らうことができ同伴した友人たちも実に
ハイテンションであった。


日はまだ明るいうちにライブは終わったため、その後新宿紀伊国屋で本を
購入して、就職先の店舗をいくつか回ってみた。

今回は第一志望の世田谷の店舗を中心に3店舗潜入調査を行った。
GDの業態は基本的に都心(繁華街)よりも少し離れた閑静な住宅街に多く点在しており、アクセスには少々手間がかかるが立地はとても良い。したがって東京においては渋谷を中心とした私鉄沿線に多くあり、通うには渋谷にアクセスが簡単な場所が良い。
本社も含めて246沿いに多くあるようだ。

料理の質は前回7店舗回って調査済みで、そこそこであることがわかっていたため今回は主に空間とサービスを中心に調査。それに店員のキャラクターも重要。近い将来一緒に働くことになるであろう仲間の視察を行う。


第一志望の世田谷の店舗には日が沈むころ到着。
入ってすぐに店長らしき人が出迎えてくれ心地よい。
働く大部分がアルバイトであるとはいえ、業界一厳しいこの会社の教育は実にしっかりしており、上からの抑圧的な悪しき教育とは異なり個人のいいところを最大限に引き出す教育は、それぞれの個性を際立たせて非常に面白いと思うし、これこそが本当のサービスを引き出しているのだとわかった。

時間帯が時間帯だけに客も少なく店員もフルメンバーではないため、判断には精緻を欠くが第一印象は概ね良好。
さて料理の方は、厨房にいるのは明らかにアルバイトとおぼしき青年。
けして身のこなしや手際の良さがあるわけではなく、それなりにこなしている風。
ところがオーダーした料理はいい意味で期待を裏切り実にうまかった。
それに加えて店内の雰囲気とコロナビールが相乗的に功を奏し軽くトランス状態に陥る。
これこそが求めていた食空間のイメージに近いものだと感じながら改めてこの店舗への就職の決意を固めた。近いうちに本社へ打診してみよう。



さて、帰りの道すがら考えた。
今住んでいる場所まで帰り着くのにえらい苦労し、
しばらくは遠距離通勤をと考えていたが、その考えが甘いことに気づかされた。

渋谷に直通の田園都市線沿線であれば、二子玉川を越えてカワサキに入れば賃貸物件の相場もぐんと下がることを発見し、カワサキを候補にもう少し検討を進めてみよう。
[PR]

  by gstomach | 2005-02-13 02:27 |

<< castle-building 抱負 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE