Self-Management

What to plan?ではなくHow to plan?が大切なんだな。

反省することを習慣にすること、用意周到でいること。
つまり次へ進むための段取りを整えることの重要性。

まるでマネジメントでいうPDCAサイクルと同じである。

Plan→Do→Check→Action

このサイクルがつまり習慣ってこと。
今の自分は満足にセルフマネジメントもできていないなぁと反省。

実りある研究生活を送れたおかげで、
“困難の分割”に関するスキル(戦略的に考えるプロセス)は
身についたのではないかと思う。
これが大学院に進学して、自ら模索して構築する研究を行った
成果であり価値である。

今になってますます思うけれど、本当に大学の4年間だけで
卒業するのはもったいない。
この先にももうちょっと進んでみたいと思うが
経験こそは財産と考えるならば、いま一度実践経験を積んで
それが習慣化したときにそれを実現すれば、
戦略的にはより効果が期待できる。

理論を現実につなげることより、現実が理論に昇華される方が
より工学的で近代科学的であるし、学問として面白い。

人生としてみれば、「学び、稼ぎ、還元する」というサイクルは
実に持続可能な人間社会のあり方を示していると思う。

利他的に考えること、大局的には地球規模で考えること。
実現すべき来る未来へ向けて自分にできることをしっかり見据えて
精進すること。

言葉にすれば当たり前のことも案外できていないことが多い。

でかいこと言っても、そこに向かうために何をすれば良いのかわかっていない。
あるいはそれだけの知識や経験、技術の蓄積もない。


そういう意味で今までしっかりと経験を積んで身体化してきた自分の
技術や経験、智恵は唯一無二の武器であるし、アイデンティティである。
そしてそれを活かせるであろう場に自らを導くことができた点では
とりあえず間違ってはいまい。
[PR]

  by gstomach | 2005-02-19 02:47 |

<< My Pocket Planner I have a cavity >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE