Do as the Romans do !???

仕事にも慣れ、そろそろ自分の意思表示をはっきりさせていこうかと思っていたが、
それが自分の役割でないのならばわざわざそこに労力を割かない強かさを僕は持っている。

というのも今の会社は自分にとってステップアップのためのロイター板にすぎず、
“わが社のためにわが身を捧げる”というような前近代的な会社員像は
まったく持ち合わせてはいないのだ。

すべては未来に向けたパースペクティブのなかでそのつど判断(選択)されればよく、
その方がプロジェクト全体としてうまくいくのであればそれで良いのだ。


言いたいことが言えて、やりたいことができて、のびのびと切磋琢磨できる仲間がいて、
喜びと苦しみを分かち合い、共にある目的に向かって歩んでゆけるそのような理想的な
企業像を少し期待していたが、現実はそれとは程遠いものだった。


少なくとも、かつてはその姿にかなり近かった時期もあったであろう。
伝説は何もないところからは生まれないのであるから、
少しはそのような雰囲気があったはずである。

何も100%を期待するわけではなく、ほんの数パーセントの、
その片鱗が見えさえすれば人間納得がいくのだから、
その僅かな、たゆたうイメージを確実に捉え自分の内にしまい込む、
ただそれだけの行為に実にほぼ半分くらいの価値は凝縮されている気がする。

口にしてしまえば簡単で、それはただ良いところは盗んで悪いところは切り捨てる
ということなのだが、労力を割かないというのは悪いところを自分の正義感や責任感
で良くしようとは思わないということで、それはそれ、これはこれ、自分がいざ創める
時に実現しさえすれば良い。とそういうこと。


結論から言ってしまえば、今の会社はでかくなりすぎてしまい、その辺の会社と
なんら変わらなくなってしまっていたということ。
そのうえ、最悪なことに通常社会のはみ出し者とされる、よく言えば個性的な人材が
集まってそのような集団を形成する会社は、何故か捻じ曲がった一見噛み合いそうもない
個性同士が、ただ単にヤクザな品の極めて劣悪な関係でもって繋がり、徒党を組み、
派閥を生み出し、抗争をする、みたいなまるで中学生のような社会を成り立たせて
しまっており、さらに始末が悪いのは変に部分的に大人社会であるが故に実力や頭のない
ものはあっと言う間に淘汰される厳しい部分のみがやたら強調されていて、
もはや馬鹿馬鹿しい域に達しているということ。

ま、どこの会社も同じようなものだとは思うのだが。。。
(新入社員諸君、意見お待ちしております。)

ここまで自分の会社をボロクソに言っておいて嫌気が指したのかと思われそうだが、
そうではなくこれは癖というか信念、ポリシーと言ってもよい自分のスタンスであり、
つまりは物事のありようを言語化して捉えるという、学生時代の研究スタイルそのままな
だけであって、こうしておいてから自分のありようとやりようを決めようという、極めて
実践的でしなやかな手法であると我ながら自負してやまない。
(あぁまわりくどい。。。このように理屈っぽくなっているときは悩みやストレスから
開放されて事態を楽しみ始めた状態になってきたと言える。
実際本人一人言葉遊びでたまに笑みを浮かべながらキーボードを打っている。危!)


とにかくそのようなありようを僕は笑って見ているのであり、
それは半ばあきれ返っていると言えばそれまでだけれど、自分に必要のないものは
切り捨てて、必要なものだけ吸収しておさらばしましょというだけの今は余裕があるだけ。

もちろんいいところ(そこでしか得られないもの)があるから今の会社を選んで、
学歴あるのにいらない苦労をわざわざ買ってまでしているのは、
それだけの必要と価値があるからで、でもそういう価値(美徳)というのは、
悪徳に比べればごく僅かしかないというのは、
常に世の真理だね。


世の就職活動に励む後輩諸君へ


自分の理想とする企業や会社はまず存在しないと思ったほうが良い。
会社の色を理解してその色に扮するのとなんとなくそれ色に染まってしまうのでは
天と地ほどに意味が違う。
そこが器用(利口)か不器用(馬鹿)の違い。
全社会的な見地で将来までを描いたパースペクティブのなかで、
個人的なレベルでその時期、その期間に必要とされるスキルや知識や人脈や経験は
何であるか(What to ~?)を理解し、そのためにどうすべきか(How to ~?)をよく
考えること。
それらが未来にどのように繋がっていくのかをしっかりと見据え(イメージす)ること。

行きたい会社がない。なりたい職業がない。だから進学(留年、留学)するは理由にならない。
それはただの時間の浪費。


今自分がしていること(仕事)の意味を過去・現在・未来へと連綿と続く時間軸の中で
明確に位置づけ、意味づけて人に話すことができますか?

俺はできる。

(どういう終わり方なのだろう??(爆))
[PR]

  by gstomach | 2005-04-16 08:40 |

<< Do as the Roman... Cold gets worse >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE