Esthesia of Management

ようやく職場での自分の振舞い方の方向性が定まってきた今日この頃。

大学というのは結論として、やはりかなり狭められた社会であった。

一般社会というのはかくも裾野の広い(いろいろな人間がいる)世界であること
を実感しながら、かつ飲食業界というさらに社会的底辺でもっとも広い裾野を持つ
業界での人間関係の難しさは本当に困ったものだ。

まず、コミュニケーションの問題。

人間が低級なら話題も当然低級だ。話をするにもそこまでレベルを落とさなければならない。
こんなんだから、ちょっと上級なアイロニーなんてまったく通用しない。
理解できないのだから。

意識も関心も社会的にみて総じて低い。

非常に限定された自分にできることだけを追求(それ以外はあえて見ないふりを)する
ことで自己正当化と自己実現を果たし、その一点だけで他人と比肩して一喜一憂。
そんなのが寄り集まったのがこの業界。
さらにこの業界を支えている業者はもっともっとひどい。

自分の範囲外のことには盲目で自分の守備範囲にだけはプライドと信念をもって虚勢をはる。


しかしながらそんな会社にあってごく一握りの人間には経営者感覚をもった
話せる人間もわずかながらおり、僕は表向きには馬鹿なふりしてレベルの低い
関係をうまくこなしながら、そうしたごく一握りの人間と経営について数字について、
ビジネスについて、業界について、街づくりについていろいろと話をしたりする。

能ある鷹は、ではないが、大抵できる人はそれを隠してできないふりをしている。

何故か?

それは自分を図る尺度が、自分にではなく他人にあることをよく知っているから。
他人の良いところを発見してそれを盗み自分のものにできる力をもっているから。
自分のできないことをはっきりと認識しそれをクリアするための戦略をもっているから。
だからこそあえて他人に意見を、どんな形であれ言わせる術を知っていて、
そうやって捉えた多角的な自分を、しっかりとした信念を持つ自己の中で咀嚼して
ものにすることが一番効率的で手っ取り早いことを良く知っているから。

そうやって他人に意見させる土壌をつくることは実はかなり高等なテクニックで、
自分の狭いテリトリーにすがってしまう器の小さき人間にはとてもできないことで、
だから表向きにはできないふりをしてけちをつけさせ、馬鹿なふりして相手を優越感に
浸らせ、そうやってある分野においてのみ長じた才能持つ人間からエッセンスだけを
効率的に抽出し、何気ないふりしていつのまにか何も意見できなくさせるほどに自分も
上達してそうやってできないことをしらみつぶしに、しかしながら確実に一つずつ潰して
いく、そんな実践的な方法を実は意図的にとっていて、これも一つの才能。

そうやっていくうちに回りはどんどん意見できる隙を見つけにくくなっていき、
結果的に寄ってたかって揚げ足取りにかかってくる。
これは低レベルな集団の宿命だけれどもそのとき如何に潰されずに
いつ何時でも謙虚に振舞い、それすらも吸収してそれこそ何も言われなくなるまで
成長し続けること。

でも成長する術を知っている人は、他人の意見がなくなることで自分の成長が
とまってしまうことも知っているし、何も言われなくなることの真の恐ろしさを本当に
理解しているから、常にできないふりしてダメっぷりをアピールして
自分を成長させる土壌作りに励むことを選択する。


自分よりできる人間が自分の弱点を発見できるのは当たり前。
しかしながら自分の周りのあらゆるものを自分の成長の糧にする土壌作りは
自分次第で、どこででもできなければならない。

その一つとして、他人の意見をもらえる雰囲気作り。

これができずに人から何も意見されずに何年も成長が止まってしまている
人間を多くしっている。

まったくもってもったいない。

それは結局自分の作り出した雰囲気で、
本当はありもしない“自分”という幻想を破壊されたくないがために保守的になり
意見を寄せ付けない態度や、切れたりしょげたりふてくされたりして、

「あいつこんなこというと泣くからな。」
とか

「これ言ったら切れるだろうな。」
とか

「言ったらだまるからな。」
とか

言わせてしまう雰囲気を作ってしまう人のことで(心当たりあるよね??)、
これって直さないと本当に進歩しないと思う。



とにもかくにもしっかりとした目的意識と信念をもってさえいれば
どこででも同じ環境をつくりだしてやっていけるはずだし、そうでなければいけない。



所属する社会(会社)で自分の一生が左右される?



なんて小さくてくだらない悩みだろう。

人間は確かに環境の動物だけれども、その前に環境を作り出すことができるの
も人間なんだし、とにかくまずは自己をよりよく知ること。
これは一生のテーマで、あえて時間を割いて(休学したり留学したりして)まで
やることではないから、とりあえず何かやってみろ。
信念があるならそれに従え。
もっと言うならどこにいてもその信念を貫けなければ意味がないし、
貫けないような信念なら持たないほうが人生楽に過ごせると思う。

俺はそんなのごめんだけどね。
[PR]

  by gstomach | 2005-04-23 16:34 |

<< Try to look Big Plucked Bird >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE