Dreamer

昨晩大学時代の友人と電話した。

彼女は大学卒業後フリーターをしながら自分のやりたいことを模索し続けて4年目。
昨年、「カフェを開きたい。」と口にしたのを聞いてからしばらく、彼女がやっていたことと
いえば、実家での家事と大手設計事務所での模型づくり。。。???

飲食業界での経験は一切無く、客商売というものが、いやそもそも商売というものが
なんたるかを全然わかっていないんじゃないか?というのが僕が不安に思っていたことで、
昨日それを確認してみたら案の定、

「自分の感性を活かして、それを売りにする。」

とか言ってしまった。

電話だし突っ込むのもどうかと思った。
しかしこれではまずい。

カフェを開く勉強のためにある店を面接したが、
動機も考えも甘い!と一蹴され、そのときされたアドバイスにしたがって
新しいことにチャレンジするよりも今まで培ってきたものを伸ばす方向に転換したらしい。

たしかに、今まで培ってきたものは活かして伸ばすに越したことは無い。
それがオリジナリティに繋がるし、唯一の武器になりうるからだ。
しかし、その前に最低限心得ておかなければならないこと、身に付けておかなければ
いけないこと、知っておかなければいけないこと、やらなければいけないことが
たくさんある。

現場仕事を知らずに店を運営できるのか?
経営を学ばずにどうやって商売をするのか?
そもそもあなたの感性は商品価値があるのか?
最低限の業務をこなせるのか?
などなど。。。

チェックシートに起こせばきりが無い。

これでは考えが甘いと言われて当然。
無知ほど怖いものはない。
やりたい気持ちだけで起業できるほどビジネスはあまくない。
今まで培ってきたものはこれからやろうとすることにいくらか寄与するのか?

残念ながら無謀だと言わざるを得ない。

ビジネスを口にしたとき嫌悪する気持ちはよくわかる。
だからといってビジネスを抜きにしては商売は成り立たない。


ただ、「それは無謀だやめたほうがいい。」という普通のアドバイスは誰にでもできる。
だから自分と話したおかげで何か突破口を開けるような実りある建設的な対話に
しなければならない。

電話ではとても話しつくせなかったけれど、今度実際に会って話をする機会があるのなら
そういうアドバイスもできればいいなと思う。

せっかく同業者になりうるのだし、同じ専攻をした仲間である。
自分が言わんとする建築的都市的発想も容易に理解できよう。
結局はそれが自分の都市“食”プロジェクトの一端を担っていく可能性もあるのだ。



多分彼女のやりたいことは、既存概念であるところの“カフェ”ではないのだ。
それに代わる何か別の概念を新たに創出しなければなるまい。
カフェは無理でも、その何かならば事業成立性もあるかもしれない。

例えばこのような仮定をたててみる。

せいぜいアイデアで留まる単発のビジネスは、それはそれで成立するかもしれない。
ところがアイデアを理念や哲学的なレベルにまで高めて抽象化、普遍化すると
それはもはや単なるビジネスではなくなる。

立派な社会活動であり街づくりであり環境整備である。

Think Global, Act Local.

とはこのことだ。

自分はさらにそれを学術分野に落とし込みたい。
これこそが産官学の理想的トライアングルになりうる可能性があるのだと考えている。
[PR]

  by gstomach | 2005-05-26 09:51 |

<< What's happ... Floating Value >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE