Office? Or Organization?

日々の仕事の合間に進めている就職活動。

活動といっても目星をつけて身辺整理をしている段階である。

当初なるべく少数精鋭で地域見密着型の割と小さ目の会社にターゲットを絞り
それなりに魅力的な会社をいくつかピックアップして、準備していたのだが、
ここにきてふと思う。

年齢層が近い人間ばかりが集まっている会社は組織としては非常に未熟で、
いくら先進的な試みをしていたとしても、給料が魅力的であっても
その中で働くことによる人間的成長は実は望めないのではないか?



人は何のために仕事をするのか?



この問いについてはすでに自分なりの答えを得ている。

自分を磨くため
自己実現に向かうため

である。

まちづくりがしたい
都市を活性化したい

とかいうのは仕事の建前であり、理由=本音ではない。
まちづくりや都市再生の仕事を通して、人間として成長したいのである。


将来的には独立して地元で事業を起こすと決め込んで
それに少し固執しすぎていたかもしれない。

なんとか30歳までにはそれを実現しようとして急ぎすぎていたかもしれない。

それが実現されなくとも誰も困りはしないというのに、
自分で自分を追い込みすぎていたかもしれない。

なにより、ここ数年帰省する度に目を光らせていたが、
地元に事業を起こして持続させるだけのポテンシャルと地盤(=ニーズと人口)
はまだ整っていない。

その起爆剤になるのは自分の仕事ではない。
ないものを生み出すのではなく、あるものを活用する、
料理して美味しくいただくのが自分の仕事だから。




今まで考えようとすらしなかった組織人生=サラリーマン。


自己実現のためだったら、実はいかなるありようも、
そう大差ないのではないか。



自分たちで考え、企画し、実行し検証する今の仕事も、それなりに
価値ある学びがあった。・・・(ないものを生み出す仕事)

でもそれ以上に、組織的に積み重ねられてきたノウハウや情報が
あらかじめ用意された上に構築していく仕事というものには、
より豊かな学びがあるはずだ。・・・(あるものを活用する仕事)



今年の冬、母校の音楽部演奏会で痛感した伝統の重み。
毎年入れ替わるメンバーが、毎年新しいことに挑戦して過去をリセット
してきていたのならば成しえない偉業を目の当たりにしたあの日。

健全で高らかに掲げられた理念のもと、一心にその真理を探究する
組織的な力の中にあってやっと発揮される真価。

自分の価値はここにあると実感できる瞬間=自己実現に一歩近づいた瞬間

ここのところ見失っていた自分本来の姿を思い出した気がした。





ようやく人生を賭ける価値のある会社にめぐり会えた気がします。
理念、社風、フィールド、多くの点で共感がもてました。
中途採用ではハードルの高い会社ですが、自分のありったけを
ぶつけてみようと思います。
久しぶりにマジです。

とりあえず書類選考、及び面接には一切不安はありません。



ここに再就職決まったら、東京生活まだまだ続きそうです。


ところで、ちゃんと理念が共有できる会社に巡り合えてやりたいことが
できることって実はすごく稀なことなんじゃないでしょうか?

どうだいリーマン諸君。
[PR]

  by gstomach | 2006-10-26 04:57 |

<< scout earpick >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE