カテゴリ:思( 116 )

 

resume of someone showing my business background and other details

様々な会社に行くたびに履歴書はともかく、
職務経歴書に書く転職理由、志望動機などなどをその会社用に書き直さなくては
ならないわけで、ついでに頭の中(思考回路)までもを、あたかもその会社で
働くことを想定して書き換える作業というのがなかなか面倒。

今はパソコンがあるからデータ化して分類できるから大分楽になったとは
いうけれど。



近頃相当運動不足だったもので、せっかく痩せたのにまた太り始めてきた。
これではまずいので、夕方VAAMのんで自転車に乗って近くの砧公園までサイクリング。

サイクリングロードを爆走すること5周。

久しぶりに汗かいてすっきり。
[PR]

  by gstomach | 2006-11-17 01:21 |

conclude interview

行って来ました社長面接。

結果からいうと今回は辞退させていただきます。
希望職種と仕事内容があまりにも違いすぎたからです。
マネジメントのマの字もなくて単なるセールスでした。

何をやりたいのかという話を冒頭にしてすぐに
じゃぁこの会社の仕事はちょっと違うかもって言われて、
もう後は普通に人生相談みたいになってしまった(笑)。
理路整然とビジョンを語り、きちっとした人間の印象は
企画開発型の仕事に向いているなどと夢の後押しもしていただけました。

希望職種とはちがって残念ではあったけれど、
色々な人と話をしてビジョンを具体化していく作業は
なかなかいい経験です。

さて、気持ちを切り替えて17日プロパティマネジメントの会社を受験してきます。
[PR]

  by gstomach | 2006-11-15 20:24 |

Can do spirit

職場で一番仲のいい、それはもう成長を共にしてきた仲間が、
上の人間のマインド・コントロールにかけられて、まるでその人間の生き写しのような
言動を取るようになってしまい職場の環境はもう最悪。

本当にまっすぐでいいやつなんだけど、なんせ単純なやつだから
すぐに影響を受ける。

そんなこんなでここ数日我々含めた上の連中が
あれはだめだこーしろあーしろとうるさく騒ぐので、
下の子達が萎縮しっぱなし。

一日中カリカリしていたそいつは、なんかそんな気分、
ストレスを俺にぶつけてきて、いつもならよしよしとなだめてやるところだが、
今回は目もいっちゃってるしこりゃやばいなと思ったから、
思いっきりブチ切れて見せた。

おまえ一体なんなんだ??

初めて見せるその姿にふと我に返ったそいつは
見る見るうちにもとの人間性をとり戻していって落ち着いた。



人を病気にさせる職場なんです。いまの店は。

上がそんなやり方しかできないから、本当に根性のあるやつしか残れない。
ところが残った連中はそんなスパルタを受けて育ってきたものだから、
下にも同じことをしようとする。悪しきスパイラル。

それじゃだめなんだ。

組織図をつくる、チームをつくるといって、枠組み(フレームワーク)を作った
ところで、実際そのために何するのか??

枠の中にそれぞれに人格を持った個人を当て込んで、
その役割にそう形で教育しようとしたって無理なんだ。

あれが駄目、これが駄目、あーしろこーしろ、なんでできないんだ?
だからお前はだめなんだ。

こんなやり方で人が育つものか!

個人を一人の人格として尊重し、それを破壊しないように
しっかりサポートしながらいい方向に導く、
そんなやり方をしないとどんどん人は去っていく。

一番大切なのは、人を大切にすること。

どこのどんな職場でもそう。

社員、スタッフが活き活きしてない会社は
到底お客様を喜ばせることなんで出来やしない。


そのことに気づかせること、人を大切にする気持ちを持たせること。


これが俺の最後の置き土産。
残り2週間、大切な部下と同僚のために一肌脱ぎます。
上には何も残していってやらないけれど(笑)。
苦労だけの残していこうかな。



さて、今日は夕方から転職先最有力の会社の社長面接があります。

一発で内定決めてきましょう。
[PR]

  by gstomach | 2006-11-15 07:25 |

marketability

前回の日記でスカウトもらってから一週間、
さらなる奇跡がかさなり今すごいことに。

エージェントとの数回の面談で自分のこと、やりたいこと、
できることなどを事細かに話をつめていった。

回を重ねるごとに自分の進化も、蘇る自信も確認でき、
向こうにも熱が伝播して好転のスパイラル状態に入った!

さらなる案件をいくつか紹介してもらい、
そのなかで魅力的なものをさらに2社追加。
今、3社同時進行で話を進めている。ちなみに全社書類選考突破。

それぞれに強みと特色がある3社。
先の1つはプロパティ・マネジメント、
後の2つはコンサルタントとプロジェクト・マネジメント。

3社ともに共通なのは、企業家を育てるシステムがあり、独立を支援しているところ。

前回の日記では最初の一社がやりたいことドンピシャだと思っていたが、
エージェントと話を進めるうちにちょっと違うかなと思い始めた。

というのも、自分の仕事のスタンス、志向性というのは
あくまで広い意味で社会、人様の生活向上に向いているわけだから、
都市を活性化させたり、建物をリニューアルしたり、レストランを経営したり
することは手段であって目的ではないということ。

それならば、よりターゲット、つまりお客様は一般人に近い仕事のほうが
やりがいを感じるはず。

そういう意味でいくと、やはり事業者や所有者の代理人としての
プロパティマネージャーやコンサルタントではなくて、ユーザーの側に立った
生活支援代理人としてのプロジェクトマネージャーが、やっぱり性に合っている。


マーケッタビリティ=商品価値


今まで培ってきたサービス業での経験が自分にしかない道を切り開いてくれた。

これまでにないケースだとやや興奮気味に話すエージェントの言葉も示すとおり
先方の会社にとっても前例のない採用事例になるらしい。

一番最後に紹介された3社目の案件。
エージェント市場でも非公開で出回っていない案件、つまりエージェントその人が
その人の信用のもとに企業、もしくは社長や役員などから秘密で預かっている
募集枠(採用1名)というのをピンポイントでいただいた。

お世話になっているエージェントが、その会社直属の別のエージェントに紹介してくれた
らしく、募集条件にふさわしいということで話がトントン拍子に進んでいる。

先日そのエージェントと面談。一気に意気投合。ますますヒートアップして、
強力にバックアップしてくださった。その甲斐あってこの会社、わずらわしい就職試験やら
一次二次面接などぶっ通して、15日いきなり社長面接にこぎつけた。

とりあえず明日は昼から2社目の会社(コンサル)の就職試験3時間。
SPIに適性検査、そして論文。信じられないヘビー試験。大学院にでも入るのか?
これに合格したら一次二次と面接が控えている。

週があけて15日、三社目の会社(プロジェクトマネジメント)例の社長面接。
今のところ第一志望。

17日一社目の会社(プロパティマネジメント)の就職試験及び一次面接。
こちらは二次三次と長期戦の模様。

正直な話、もはや自分を一番必要としてくれるところに行きます。
15日の社長面接できまってしまえば最高。言うことなし。
その後の面接とか労力も馬鹿らしいから。

明日は明日で自己研鑽のために受けてきます。
いろいろ勉強できたし、予行練習のつもりで気楽に受けてきます。
(とはいってもビビッて徹夜で勉強中)
なにより、いま一番勢いのあるベンチャー企業がなにをやろうとしているのか気になる。


総括にはまだ早いけれど、まじめに転職というものに取り組んでみて思ったこと。

募集要項にはmustとwantというのがあって、ある程度枠組みを定めている。
有意義な転職活動を展開するにはやはり学歴はmust。
経歴や実績、スキルなどは重要だけど、それはwant。
一番大事なのはHeart

学歴や経歴、保有スキルが華々しい人でも人間性や哲学(生き様、スタイル)
をもっていない人は能無し。商品価値なし。

その逆は買いの人材。商品価値あり。

転職活動は面白い!

広く社会に自分というパーソナリティ、アイデンティティを放り出して、
流通にのせる。

あらゆる方面からあらゆる評価を受けて商品価値をつけられる。

いままでの人生、生き方が問われる瞬間。

10年ほど前、個の21世紀を目前にして漠然と、
「これからは個人の力をいかに高めるかが重要だ」と気づき、
ひたすら自己研鑽、いわばあとで個人史をしたためたときに面白い!
なんて破天荒な生き様だ!!とおもえるようなインデックスをつけるために
選択してきた一見無謀で無作為な様々なこと(実は計画通り)が、
やっぱり正しかった、というかそうしてきて良かったなと思える。


安定は死


をこれからもモットーにどんどんチャレンジ人生歩みます。
[PR]

  by gstomach | 2006-11-11 01:09 |

earpick


「ミミカキガスキデス」(チャンドンゴン)

というわけで、、、ピカソで「最高級 煤竹耳かき2本組」(グリーンベル)というのを
買った。

極細でしなやかにしなり、かなり心地よいかき心地。
ピカソでは300円ちょっとで購入できたのだが、これヤフオクで700円とか
値段がついてたりする。

送料210円とかいれたら元金の3倍ですよ?


テレビの映りが思わしくなかったので、調べたんですがどうも本体はおかしくない。

どうやらアンテナコードが接触不良らしくサンドが出ているようだったので、
そのコードを買いにいったわけです。ついでに耳かきを。

思ったとおりコードを交換したらばっちり映像が復活。
[PR]

  by gstomach | 2006-10-26 00:53 |

march

新しい日産マーチのCMに見覚えのある風景が!

a0037543_23114276.jpga0037543_23115814.jpg


これリスボンだよね??
なつかしい。。

ここ寮のみんなと夜中にディスコ行くときによく通ったなぁ。


ポルトガルに帰りたくなりました。
[PR]

  by gstomach | 2006-10-21 23:24 |

bo-zu

再出発にちなんで心機一転、頭を丸めた。

3mm

小野か! (タカアンドトシ)


潔いほどのたわしっぷり。

海老蔵か! (タカアンドトシ)

20年ぶりくらい。まるでブルース・ウィルス

欧米か! (タカアンドトシ)

バリカン買ってきて自分で刈った


ボーズで就活、何か問題でも??
[PR]

  by gstomach | 2006-10-08 09:10 |

brain storming

転職を目前にしていろいろと考えを整理している。

2年限定で寄り道した飲食店の現場は、
期間限定でなければ到底耐えられなかったであろう悲惨な
経験を積ませてもらえた。毎日が修羅場だった。
何度も何度も人間や人格を否定、破壊され、そのつど自分を失い
最近ではすっかり自信や明確な意思、意識すらどこかへ無くしてしまっていたほどに
焦燥しきっていた。

そのような状態でとても結果を残せるようなクリエイティブな仕事など
生まれるはずもなかった。

極限だった。

それだけに人として一番失ってはいけないものを
確信して自分の内にしかとつなぎとめることもできた。

もちろんそれと同じくらい楽しみや喜びを見つけられた。
このまま料理人のままでいいかもしれないとすら思ったこともあった。
自分のできる範囲の、せいぜい5,60席のレストランをオープンして
自分の好きなお客さんを集めてそれなりに毎日楽しく過ごす道も考えた。

しかし、商売の現実を知れば知るほどその道の延長線上にある自分の
過った、魔が差したビジョンはどんどん下方修正されていった。





本来のクリエイティビティと自信に満ちた自分の姿はどこへ?





そうした自問自答を繰り返すこと半年。

都合により若干早まった退社のおかげで、
新しいことに思いを巡らせる余裕ができ、まるで堰を切ったかのように、
今まで心の奥底にしまいこんでいたアイデアが溢れ出す。


この2年単に寄り道しただけの無駄な時間ではなかった。


新しい視点を手に入れた。

それはまるでシナプスが脳内で新たな回路を形成するがごとく、
あたかもそう知っていたかのように自分のうちに存在する。

いままで漠然と描いていたイメージがくっきりと実像を結ぶ瞬間、
まさに暗闇で相手を探してさまよう手が何かを掴んだ瞬間、
メールでしかやり取りしたことがなく勝手にイメージしていたあの人の人となりを
実際に会って確かめたかのような瞬間。

そのような感覚。





職能は社会に貢献するべく職業として成り立たねばならない。
そのとき建築家という職業が受身であってはいけないと思った。

自らがクリエイトした建築物を自らがマネジメントする方法を思い立ち
ビルオーナーや商業施設の管理などを考えた。
しかしそれではただの不動産屋。

そこで経験とノウハウのあった飲食店に着目した。

一般生活に最も近いサービス業にどっぷりと浸かることで
人に奉仕すること、社会に奉仕すること、地域の活性化に貢献することを
自分の内に強く思うようになった。


まちづくりに行き当たる。


まちをつくるのは都市計画家でも行政でもない。

人だ。


例えば、鄙びた商店街を蘇らせるために、我々がしばし用いる
人々のアクティビティを誘発するため、に、何かを仕掛ける。


その何かとは?


何かしらの集客施設?流動の結節点?




否。

それはそもそも人々がそれを目的にやってくるような代物ではないのだ。



ではアクティビティとは何か?




今なら自信をもってこう答える。





アクティビティとは生活である。と



まちは人が生活することによってつくられるのだ。


ならば自分がすべきは人の生活に役立つことだ。
より良い住環境のために精一杯のエールを送り続けることだ。


人の生活の基盤である“住まい”に重点を置きながらも
生活に活力と潤いを与える商用スペースを提供すること。


建築家の職能を不動産業というあり方で職業化すること。
そこにスパイスを効かせてうまく調理するのが料理人の職能。

これが今の段階で描きうる近い将来のビジョン。
[PR]

  by gstomach | 2006-10-08 06:26 |

black out

今朝は停電。
都内一部及び千葉、神奈川などでも広範囲で停電。

仕事も終わってさぁ帰るかって時に、「バヒューン!!」って職場の電力がダウン。
そのタイミングのすごさといったら。。。

ちょうどね、季節柄ですからついこないだした心霊体験の話で
仲間と盛り上がっていたんですよ。

そしたらいきなりブラックアウト(笑)。

もう悲鳴はでるわパニックになるわで大騒ぎ(笑)。


「出たよ出たよ!!やつが出たよ!!」


もう惨憺たる状況で、それでも冷蔵庫やら製氷機やら
電気器具のたくさんある職場では営業に支障があるといけないので
電力を復旧しようとブレーカーのある部屋に
懐中電灯片手に突入♪(←たった一人で)

この部屋が実は出ると噂の部屋で、おそるおそるブレーカーの納まっている
獣臭のするボックスの扉を観音開きに開けると、どこもブレーカーが落ちていない。

背筋のぞくっとするのを感じながらも冷静に考えをめぐらせて、
スタッフに表の信号機を見てくるように指示。

思ったとおり付近一帯が停電。
ちょうど時を同じくしてご近所さんもうようよ表に出てきて、
まもなくパトカーがけたたましく走り回り始める。

警察の報告でも原因不明とのことでみんな不安になっていた。

そんなときに思わず役に立ったテレビ付携帯電話
小っちゃい液晶画面を音量を最大にしてみんなで覗き込む。

徐々に状況も掴めはじめて、部分的な復旧がなされているのを確認すると
この辺りももうすぐ復旧するだろうという目処が立って一安心。
程なくして無事に復旧。

それにしてもワンセグ対応機でないために画像の乱れにやきもきした。
これを機にアクオス携帯の購入を決意。

一時間半ばかり現場に立ち会わなければならなかったが、
何気に夏の思い出になったかもしれない。
[PR]

  by gstomach | 2006-08-14 09:18 |

Johnny my love...

帰宅後にプシュッとやっておつまみには、


男前豆腐店の豆腐屋ジョニー

a0037543_9564721.jpg



普通の豆腐に薬味たっぷりでもいいけれど、
豆腐そのものがうまいこいつにかつお出汁の利いためんつゆを
ぶっかけてスプーンですくってパクリ。

最高です。
[PR]

  by gstomach | 2006-08-11 09:54 |

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE