カテゴリ:人( 13 )

 

with painful reluctance

今の職場をやめると正式に発表してから
毎日のようになじみの同僚やら、お客さんらが来てくれて
辞めないでくれと懇願され、人によっては目に涙を浮かべながら
真剣に説得を試みるありがたい人までいて、なんだか後ろ髪を引かれる思いを
しないでもない日々。

これほどまでに自分を評価してくれる人がたくさんいて、
自分の作る料理のファンがいて、わざわざ足を運んで会いにきてくれる
というのは、本当にうれしいです。

それだけに毎日のように人間性や人格をも踏みにじられるような
信じがたい言葉を浴びせられていた日々(今も続いている)というのが、
やっぱりおかしいことで、そこでその人たちのしたでしか仕事を経験する
ことができなかったというのが、何よりかわいそうだ、とは他店舗の先輩談。

いろいろ言ってくれるのは本当にありがたいけれども、
いろいろと抑圧されて制限されるような今の環境ではなくて、
もっと広く多くの人様のために自分の力を奉仕できる環境に身を置いて
より価値ある仕事をするために転職を選らんだ、選べたわけなんです。


話は変わるけれど、信じられないでしょうが今の職場では
主張が無いやつ、と思われています(笑)。

言ってもわからないし、労力の無駄だから主張しないだけなんですけど。

シカトです。言わせときゃいいんです。黙ってやることやっときゃいいんです。

散々人のことボロクソ言っといて(それすらも犬の遠吠え)、今まで自分が
黙ってやっといた様々な仕事とか誰もやらなくなって、できる人もいなくて
困り果てるのがすでに目に見えてて、たとえば下の子達のメンタルケアとか
上の人間はそういうの不得意だから、きっと精神的支柱であった自分が抜けたあと
バタバタと辞めてくだろうな、というのもわかりきっていて、実際波及して道連れ気味で、
残るみんなには悪いけど、もう遅い。
あとはやるだけやってくれ。そこまでは面倒みきれない。
俺の人生だから。

自分の料理を大好きで名指しで来てくれるお客さんもきっと来なくなるだろうな。
今度は新しい仕事のほうできっちりサービスします。

店のために力を使うなら、もっと広く世間のために力を尽くします。
それが俺の選択。
[PR]

  by gstomach | 2006-11-13 03:33 |

employment exam

受けてきました。就職試験。

前日までの対策もあって落ち着いて受験することができました。
2日で280ページの分厚い問題集を全部解き終えたのは
我ながらすごい!

40ページ(2時間目安で)解いたら、2時間休憩というのを
7ターン繰り返しました。

大学受験時にこれぐらいの気迫があったら東大でも全然目じゃなかったはず。
残念。

人間、信念、人生がかかってると何かと力が出るものです。

難問か怪しいのはあったけれど、8割は確実に取れたでしょう。
中途採用組としてはかなり若手の方でした。
とりあえず第一関門突破か?
(第一志望ではないがいい予行練習になった。)


さて説明会を公聴しての印象は、コンサルって仕事は割りと泥臭く、
休みもままならないほどハードな仕事だということ。
なぜなら、顧客(企業)のアドバイザーであり、代理人、実行役でもあるわけで
まさしく密着仕事。

業績は顧客企業の業績如何で判断されるというわけで、
顧客企業の利益を最優先した切り口の事業。

企業が元気になれば雇用も増えて社会も元気になるというシナリオだけれども、
担当者があまりにも理路整然と語るため、

おいおい本当かよ?

と疑いたくなってしまった。
心が熱くなるような内容ではなかったか。


まぁいい経験になりました。
[PR]

  by gstomach | 2006-11-12 04:24 |

CEO

ふと郵便受けを開けると見慣れぬ封書が。


会社からだ。


中を開けるとなんと社長直筆の、、、







バースデーカードが!!!



「この一年も自分の価値を高める努力をしつづけてください。」


上等なインクで万年筆でかかれたであろうその字は拙いほどに汚かったけれど(笑)
なんか心温まるものがありました。

ま、一週間送れですが。


一緒に図書カード1万円分が同封されていました。
これはうれしい。


そっか一年いるとなかなかいいこともあるもんだ。
同期入社の同僚はもはや一人も残っていないけど(爆)。


キ○ガイなほどイカれた会社ですが、
自分の可能性を最大限に引き出してくれる会社と自負しています。
入社したことを後悔したことはたくさんありますが、
それを乗り越えるたびに自分の成長を実感できたものです。

現状に満足せず邁進するのみ。
[PR]

  by gstomach | 2006-05-28 06:47 |

J

本日早朝から我が職場の地下駐車場にて
某有名ロックアーティストの新作CDのジャケ写撮りがありまして、
仕事終わりにお茶だししたりいろいろ手伝ったりしながら見学してきました。

まぁマイナーっちゃマイナーなんですが、
私にとっては記念碑的な人でありまして、
中学時代に熱狂的ファンでバンドでカバーまでしちゃってた
あのルナ○ーのベーシストJさんなのであります!!

本人案外小作りで、気さくな人柄でして、んー色々と不思議な感じです。
[PR]

  by gstomach | 2005-10-07 08:21 |

I owe you one.

昨日は海外留学時代共に過ごした仲間が
わざわざ自分の働くお店に集まってくれて
とてもうれしかった!

みんなありがとう!!

ドイツにいたとき同じ学生宿舎に住んでいたスペイン人のベルナットまで
来てたのには流石に驚いた。しかも日本語ぺらぺらになってるし。

(外人が日本語をしゃべるとかわいらしくなるというのはどうやら本当らしい。)

日曜のドピーク時でなかなかみんなとしゃべることができなかったのが残念。
願わくば一緒に食って飲んで大騒ぎしたかったものだ。

しかし

自分が自分のもてる能力をフルに発揮して自分にしかできないことを
追求してみんながこういうふうに集まれる“場”を創出してゆけば
いつでもあうことができるのだ。
そんなふうに強く思えた。
[PR]

  by gstomach | 2005-10-03 08:46 |

Ikebukuro rap..

昨日はちょっとした用事があって仕事の先輩と一日行動を共にした。

夜にはその人の友達で池袋でカフェバーをやっている人の店に
お邪魔し、同業者同士実りある会話で酒の肴。

不思議なもので、やはり気の合う人の友人というのもまた気が合うもので、
お店に対する考え方や、戦略、それが地域に与える影響や、業界での位置づけ、
他との差異化などなど意気投合することがたくさんあって有意義な時間を過ごせた。


毎日意識的に生きて何かに挑戦しつづけている人というのは
同時に自分磨きにも余念が無い。
[PR]

  by gstomach | 2005-07-06 07:10 |

グローバリズム

ミュンヘンにいたときお世話になった人から久しぶりに連絡があった。
○都大学同大学院卒業後大手企業に14年間勤務した後ミュンヘン工科大学で博士課程3年間、昨年それを終了して現在○命館大学の助手になられた立派な方だ。

この人と出会い、海外で働く立派な人をたくさん(とはいっても7人くらい)紹介され、視野を広げたことが現在の自分の将来に対する考え方の基礎を作り上げた、といっても過言ではない。

なにはともあれ人間力であり縁であり、信頼なのだ。

最低限それがあればグローバルに活動できるということ。
しかしそれらすべては実力と自信から生まれるということ。
実力もないのに大きなこと言う人間は絶対に信用されない。

身近にいるから良くわかる。
これほど誰にも信用されない人間をいまだかつて見たことがない。


馬鹿になれる大人になりたいものだ。
[PR]

  by gstomach | 2005-01-08 23:10 |

ご紹介

友人です。
3年前から応援しているミュージシャンShihoriとAsuka(検索にひっかからないために英字表記してあります。)のAsukaが1998年にPTNAのコンクール決勝でやったピアノ演奏が、PTNAのサイト(http://www.piano.or.jp/index.html)の今週の一曲コーナーで動画で見れます。もう次のになってしまった場合、先週の一曲で見れるはずです。

当時高校2年生でしょうか?流石です。
[PR]

  by gstomach | 2005-01-07 01:28 |

フランスの女

今我々の研究室に留学生として来ているフランス人のステファニーは、いろんな意味で強力である。

どういうわけか外国人に異様にモテル私は、ステファニーにも例外にもれず気に入られている。一体それがなぜなのかよくわからないが、とにかく日本では嫌がられる私の体型が彼女たちに支持されること。つまりデブではなくガッチリとしたと捉えられること、それに顔というかヘアスタイルまで含めて指摘される、ユニークだという印象。ユニークというのは面白いというのももちろんあるが、彼女たちが殊更強調するのは個性的だということであろう。その証拠にキャラクターを褒められる。

そもそもポルトガルで鍛えられたラテンののりは、自分の生来もっている性質なのかと思うほどにしっくりとはまったし、もともと(前世は)ラテンの生まれなのだとも思った。記憶をたどると、自分のラテンとの出会いは、サッカーの神様ジーコにさかのぼり、それ以来なんやかんやでいくつかブラジル及びポルトガルとの関係性が浮かび上がる。生まれ育った町自体もある意味国際色あった。そこ自体異邦人の集まる町であった。それらを総合して環境と呼ぶのなら、まさに人間は環境によっていくらかは影響を受け育まれる。

そんなわけで、挨拶程度のスキンシップやキスはお手の物だが、ステファニーにキスを強要されたあの夜以来、会うたびに熱い抱擁とキス。性格はハチャメチャだがそういうロマンティックな場面でしかるべきセンテンスを発する彼女は実際なかなかのものだ。

ある夜、彼女が一人研究室にいた夜、仕事帰りにいつものように立ち寄っただけの私に彼女は言った。

「わざわざ私に会うためにこんな夜遅くに来たの?」

実際ただ立ち寄っただけの私は、

"I'm just coming.(ただ来ただけ)"

と答えてしまった。言った後でしまったと思いスキンシップを図る。
当然のことだが、フランス語のしゃべれない私は彼女と以後でコミュニケーションをとる。
抱きしめると彼女が決まって言う台詞、



"Oh, my big daddy."




すべてはこの落ちのために(爆)
[PR]

  by gstomach | 2004-10-26 07:02 |

my best friend

ポルトガルでルームメイトだったルーマニア人のセヴィからメール。

「おまえのいなくなってからのリスボンは空虚そのものだった。
一刻もはやく会いたい。」

そんな内容だった。

セヴィとは昼夜問わず語り合い、さまざまな料理をご馳走し、自分のつたない英語を添削してもらったり、ルーマニアのいろいろ、それこそルーマニア版プレイボーイを熱心な説明付きで見せられたり、本当に濃く充実した日々を送った。
特にお互いが建築を学ぶ同士、さまざまな議論やデザインについて意見交換できたのが新鮮だった。こと建築に関して比べるならば、ルーマニアは相当高度な教育がなされているというのを実感した。二人ともフランク・ロイド・ライトの大ファンで意気投合した。

僕の部屋は3人部屋だったが、もう一人のイタリア人のエドガー(二十歳)は、彼女の部屋で同棲していたからセヴィと二人きりだった。
セヴィと一緒に来たルーマニア人はもう二人いて、でかいくせに(でかいといえばセヴィも190センチ)陽気で虫の嫌いなバリとこれまた長身で目の青い金髪スレンダー美人のアラルカはよく部屋に遊びに来た。

ルーマニア人といえば、初めて寮に入ったとき親切にしてくれたのが秀才で生真面目だが肩上のカールしたブロンドヘアーのとてもかわいいマリアだった。潔癖な性格の彼女をおちょくるのが楽しく、人生相談にのったりと兄貴気分を味わった。外国人に対してはあまり言わないのかもしれないが、才色兼備とはまさに彼女のことをいう。

東欧つながりでいえば、ドイツにいたころ隣の部屋に住んでいたポーランド人のマルタも強い目をした濃いブラウンの髪をした美人で、性格も明るく、とりわけ英語が得意だったためよく話しをしたり、登校も何度か一緒にした。彼女も年下だが素敵な女性だった。日本じゃ考えられないことだが出会ったばかりの男女が気軽に互いの部屋を行き来してベッドの上で語らったり、共同のキッチンを占有してろうそくの明かりだけで語り合ったり。今思えば自分にそんな語学力があったわけではないのによくも3時間以上話していたものだと思う。僕たちは在室中は基本的に部屋に鍵をかけていなかったので、休みに遊びに行く日などは彼女に朝起こされたり、彼女を起こしたりしたこともあった。

「北国の女は朝が苦手じゃやっていけないわ。」

そんな台詞が今思い起こされる。

セヴィのメールひとつでここまでさまざまな思い出が蘇ってくる。
思い出が記憶の断片にならないように、やはり時々連絡をとりたい。

最後に、
空虚を “Quite empty” と記述するあたりなかなかと感心。
それとも “Quite empty” を空虚と訳した自分のほうが?
実際は“もぬけの殻”が正しい訳語。

解釈学的には、
「スペースをとるお前がいなくなったおかげで部屋が空っぽになったように広く感じるよ。」
と訳すのは自虐的に過ぎるか。
[PR]

  by gstomach | 2004-09-23 01:09 |

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE