<   2005年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

The Last Day is The Best Day

昨日30日をもって藍は閉店を迎えた。


期待を大きく上回る最終日の盛り上がりはそれは壮絶きわまりなく、とても言葉では表しきれない。
ムッシューにマダムは20年の歴史を感じる、本当にすばらしい一日だとふりかえっていた。
自分にとっても藍の歴史の3分の1以上を支えてきた7年間がとてつもなく貴重で大切なものなのだと真に実感できた。

最終日に運よく席を取れた常連のお客さんたちに一通りサービスし終わり、ムッシューに続いて挨拶に出ると、思いもかけずなじみのお客様から惜しみない拍手と素敵な花束を渡され、普通ならここでお涙頂戴の一つや二つほしいところ、しかしこれをおいしいと思った自分はただ只管にサービストークと感慨にふけっているムッシューとマダムにはげしく突込みを入れるという、半ば芸人魂(これをサービス精神と大くくりにして定義する)を発揮し、大いに会場を沸かせた。

会場を沸かせたと言えば、花束の数々。
最終日に来るお客さんは常連客がほとんどなので、ほぼ100%の確率でみな花束をこしらえてくる。
あの一癖あるマダムにしてこの客ありという、癖のあるお客さんたちが趣向を凝らして用意してくる花束はそれは圧巻である。しかし、その中にあってムッシューとマダムと一番近くで一番長く時間を過ごした自分の仕込んだ花束は圧倒的にNo.1であった。
それは花束の域をとうに超えていたし、自分で言うのもなんだが、内容も芸術的センスも抜群だった。

みんなで主役の二人を囲んで大盛り上がりの店内。その中に加わって自分も一緒になって盛り上がりたいところだがそこはぐっとこらえて後片付けを完璧にこなす。

その後、従業員と最後まで残ったお客さんたちのために一人で最後の料理を支度。
7年間藍で教わった集大成として10人前を30分、デザートまで含めて全8品、お酒にはポルトガルから持ち帰ったとっておきの赤ワインを用意した。

このパーフェクトなパフォーマンスに自分も満足はさることながら、皆泣いて喜んでくれたこと、師匠が一番弟子だと認めてくれたこと、それがなによりであった。

サービスの精神は、このような業界だけではなく、人間と人間のつながりにおいて必要不可欠なものであり、これこそが人生を豊かにするものだと改めて実感した。
[PR]

  by gstomach | 2005-01-31 02:57 |

曇りなき眼で見定めよ

今日は早朝から不機嫌極まりないことが起こった。

ほぼ毎日利用する駅前のコンビニにいつものように駐輪し、買い物をしたついでに駅構内のパン屋でパンを買おうと歩き出したところ、無断駐輪防止係のおじいさんが、血相を変えて、

「おい、そこに駐輪するな!!駐輪場はあっちだろ。お金はらって向こうに止めなさい!!」

と、通勤ラッシュで込む駅前で怒鳴り散らしたため、さすがに堪忍袋の緒が切れ掛かった。
状況と場所を考えてほしい。

目の前のパン屋にパンを買いに行くだけだと丁重に説明したが、もはや血圧が上がりっぱなしのおじいさんはまったく言うことを聞かない。

「そうやってここに駐輪してどっかいくんだろ?いいからあっちにとめろ。パンを買うのでもあっちにとめろ。」

と、とてもしつこい。

「おい、じいさんいい加減にしろよ。コンビニで10分立ち読みしている、あそこの連中と2分で買い物おえて帰る俺とどっちが迷惑だと思ってるんだ?」

もはや融通の利かない脳みそ硬直爺さんは何を言ってもマニュアルどおりなので、

「曇りなき眼で見定めよ。」

と、一言いってパンを買ってすぐにもどってきた。
買ってきたパンの袋を仰々しく爺さんの前で立ち止まってみせてやると、何も言わず目も合わせず少々うなだれた。

ちょっとやりすぎたかと思ったが、ごくろうさまでしたと一言残してその場を後にした。

老後のアルバイト、ただやればいいってもんじゃない。
[PR]

  by gstomach | 2005-01-27 09:14 |

心を鬼に

本当に無理だと言い続けているにも関わらず、それでも年末年始休まず仕事をし、ようやく今週休みがもらえたと思いきや、いざ閉店というと常連さんが週に何度も通ってきて連日連夜満員御礼。

それは良いのだが、昨日いきなり仕事のオファーがあり無理を押して仕事に行く。

ただでさえ連日連夜の徹夜論文で神経までイカレテいる状態で息をつく暇もないほど忙しく、本気で眩暈がして倒れそうだった。そうこうして働いている最中にも電話はひっきりなしに鳴り、予約が次々に入る。

今日はフルメンバーで回転させてこの忙しさなのだから、主力の自分が休みをもらっている間はどれだけ忙しいことか想像を絶するが、前からこの時期は忙しくて働けないと告げてあるにも関わらず、強行に出たのだから仕方がない。ヘルプしてあげたいのは山々だが、こっちだってそれ以上にヘルプを必要としているのだ。それに今は一日20時間使ったって足りないくらいなのだから。

かわいそうだとはおもうけれど、ここは心を鬼にして自分のやるべきことをやるのみ。
せめて出来るだけ早く自分の仕事を終えて最後に備えたい。
[PR]

  by gstomach | 2005-01-22 00:59 |

不眠不休

いくらなんでもコリャないよ。

2005年正月の三が日以外毎日仕事。
これでも、これでも、学士論文書いてんだ。

不眠不休でそろそろいらいらがたまってきた。


かの馬○学部のように読書感想文かいて出せばよいようなものではないのだ。

たった一つの事実を得るためにいったいどれだけのデータを分析検証して苦労して描いてそれがたった数行で説明できるようなものであってもそんな血の滲むような毎日を過ごして一歩一歩前進していくこんな生き様どうだ美しいだろう!
[PR]

  by gstomach | 2005-01-14 07:19 |

粛々と

7年間もお世話になってきた職場が今月いっぱいでなくなると思うと、仕事も思わず粛々とこなしてしまう。

日本的な精神感覚で言えば、物的な場所性よりも、精神的な形式だけが大切なのだと頭では理解しているが、実際形式を失った場所性というのは実に寂しいものがある。

ただ、自分が付けた足跡は常に自分の中にあり、次の一歩の原動力となっている。過去の一歩一歩が未来への推進力へと転化されるその形式こそが、今自分に信じられる唯一の現実である。

日々実直に努力



話はまったく変わるが、今日本では大社長ブームである。
日常の発明や小さな事業から起業し成功した人の特集はメディアを通して日々盛んに行われている。それを目にするにつけ、なぜこのようにセンスや頭のないひとが成功して巨万の富を築くことが出来たのか不思議でならない。

たこ焼き屋から大成功して、目黒に豪邸をもつその社長は、ひどいセンスでありながら自家用ヘリでわざわざ長野までランチにそばを食べに行く。しかしながら、非常識でセンスレスなその人の考え方の中にも、いくつか共感することがあった。

時間の使い方とビジョン

「熱海を日本のモナコにしたい。」

センスはないがこれが肝心。
[PR]

  by gstomach | 2005-01-11 05:41 |

グローバリズム

ミュンヘンにいたときお世話になった人から久しぶりに連絡があった。
○都大学同大学院卒業後大手企業に14年間勤務した後ミュンヘン工科大学で博士課程3年間、昨年それを終了して現在○命館大学の助手になられた立派な方だ。

この人と出会い、海外で働く立派な人をたくさん(とはいっても7人くらい)紹介され、視野を広げたことが現在の自分の将来に対する考え方の基礎を作り上げた、といっても過言ではない。

なにはともあれ人間力であり縁であり、信頼なのだ。

最低限それがあればグローバルに活動できるということ。
しかしそれらすべては実力と自信から生まれるということ。
実力もないのに大きなこと言う人間は絶対に信用されない。

身近にいるから良くわかる。
これほど誰にも信用されない人間をいまだかつて見たことがない。


馬鹿になれる大人になりたいものだ。
[PR]

  by gstomach | 2005-01-08 23:10 |

アクチュアル

急に現実を突きつけられしばし呆然とする。

そして現実逃避

ハマーほしい
http://www.hummer.co.jp/
a0037543_4324220.jpg


ボスホスもほしい
http://www.bosshoss.co.jp/in.html
a0037543_4325416.gif

[PR]

  by gstomach | 2005-01-08 04:33 |

ご紹介

友人です。
3年前から応援しているミュージシャンShihoriとAsuka(検索にひっかからないために英字表記してあります。)のAsukaが1998年にPTNAのコンクール決勝でやったピアノ演奏が、PTNAのサイト(http://www.piano.or.jp/index.html)の今週の一曲コーナーで動画で見れます。もう次のになってしまった場合、先週の一曲で見れるはずです。

当時高校2年生でしょうか?流石です。
[PR]

  by gstomach | 2005-01-07 01:28 |

終幕、そして開幕へ

7年間勤務し続けた藍も、今月いっぱいをもって店じまいすることになりました。

自分が抜けた後お店を支えていける人材がいないのと、自分と共に藍を支えていた主要メンバーがみな卒業とそれぞれの門出を迎えるため、予定を少し早めたようです。なによりオーナーが出店してから満20年ということで、ちょうど節目となることから全員一緒に新しい環境へ旅立とうというわけです。

お客様には長い間ご愛顧いただき感謝の念でいっぱいです。オーナーの代わりににここで深くお礼させていただきます。つきましては、今月一杯までしか藍の料理を堪能することはできなくなりますので、ぜひこの機を逃さず足をお運びくださいませ。


リーダー ボン
[PR]

  by gstomach | 2005-01-06 23:40 |

食欲がとまらない~05冬~

年越しそばを自分で作って食べて以来そばのうまさに目覚め毎日そばをおやつ代わりに食っている。今日は新年初カレーを自分で作ったのだが食後のデザートにそばをまた食べる。

実家にかえらずとも食いすぎの正月。。。

さて、本日作ったカレーは、バリバリのインド風ではなくて普通のルウを使ったオーソドックスなものにしようと思ったのだが、カボチャがうまそうだったのでカボチャカレーにした。カボチャはクリームとの相性が抜群なので、6皿分のルウに生クリーム1パック全部入れた。そしたら見た目も味もなんとまるでバターチキンではないか!そうときたら作戦変更でバターチキンを本格的に志向し始める。バターチキンにはなんといってもチキンが欠かせないが今回は初めオーソドックスなカレーにしようと決めていただけに牛肉を用いていたので却下。チキンコンソメでごまかす。それにトマト。これも予定していなかったのでトマトケチャップでごまかす。これにバターのコクを加えてスパイスを加える。つぶの黒胡椒にクローブ、ナツメグをくわえる。ヨーグルトの酸味がほしいところだが今日はこのなんちゃってバターチキンでよしとする。

ドイツで購入したル・クルーゼ(フランス製)を使用したらものの30分でカレーが完成した!!やはり高級なべは違う。ふたをしたらまるで圧力鍋の威力!

これと似たような効果を出すには、アウトドアショップで売っているダッチオーブンを使うのもグッド。
[PR]

  by gstomach | 2005-01-03 01:10 |

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE