<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

Use the straw to drink hot coffee

せっかく2連休を得たというのに、
以前から予定していた用事がキャンセルになりそうでなってしまったおかげで
身動きがとれずに過ぎてしまった。。。

身の回りの整頓をしながらブレーンストーミングに終始した休日だったが
それはそれで有意義だったか。



外に出たがりの自分としては家出じっとしているのはちょっと。



コンビニで買った紙パックのコーヒーを鍋で温めて
紙パックに戻してからストローをさして飲んだらやっぱり火傷した。
[PR]

  by gstomach | 2005-10-29 11:13 |

Leader

昨日は我が職場恒例の月一定例公開処刑日で、
例外にもれず数名の立候補者が処罰された。

中にはめでたく昇格の栄誉を得た者もいた。
実は自分もそのうちの一人で、昨日は主に夜から朝方にかけての
営業責任者=リーダーに立候補し、見事満場一致で可決。

給料は変わらないが責任は増すという
表面上はきついだけの立場に思えるが、
実はこの責任こそが重要。

責任感と責任とが違うように、
責任には力がある。
力には責任がつきまとうと言ったほうが適切か。

とにもかくにも予定通りにステップをクリアした。
この調子で、あくまでも自分のペースで、一つずつ目標をクリアしていこうと思う。
[PR]

  by gstomach | 2005-10-25 10:24 |

NEET

仕事中にお客さんから
「ニートの意味知ってる?」
と聞かれたアルバイトの女の子がわからないから教えてほしいと
聞きに来て、

Not in Employment, Education or Training.

とメモ帳にさっと書いて渡してあげたのをそのお客さんが見ていて
なにがなんだか、とにかくビールを一杯ご馳走になった。

明日使える無駄知識。
皆さん覚えておいて損は無い(?)。



今回本当にきつかった8連勤を先ほど終えて帰宅。
今日は寝る間も惜しんでリフレッシュしたいところだが
まずは溜まった洗濯物など日常の雑務を片付ける。
[PR]

  by gstomach | 2005-10-20 09:36 |

Major League

我々の仕事はメジャーリーグ



一日の営業時間をその日の試合と捉えて
その日勝つために人、金、物、時間を差配して戦略を立てる。

チームにはスペシャリストもいればオールマイティプレーヤーも、
ただのぼんくらもいる。


試合に出たければ(稼ぎたければ)使ってもらえるように
能力、技量、モチベーションを向上させるしかない。


ぼんくらがいくら時間とお金に関する権利を主張したところで
スタメン落ちするだけだ。
[PR]

  by gstomach | 2005-10-17 11:03 |

i loVE

仕事をゲームとして数字を追っかけるよりも、
我々の商売は対:人なのだから、
人間商売なのだ。

客を愛するのと同様にスタッフも愛せなければ
いい商売なんてできっこない。

少なくとも自分が上に立ったら
“人”を直視しない仕事はぜったにやらない。

結局、人が好きなのだ。



人のために仕事をし、
人のために場所を創出し、
人のための社会をつくっていこう

自分のためというよりは、それが好きだからというほうがニュアンス的に近い。



一人区として実力を発揮するのと上に立って実力を発揮するのとでは
間逆であるように、それぞれ求められる資質は異なるし、
人の上にたってようやく発揮できる実力もある。l
[PR]

  by gstomach | 2005-10-14 10:57 |

0.354%

ふざけるな。

といってもあと12年間は毎年上がり続ける。

年金法の改正により今月支給の給与から社会保険料が変更になった。

いたい。
痛い。
遺体ぃぃぃぃぃぃ。death。

これから就職活動を向かえる人、あるいは未だ社会保険制度について
認識の薄い社会人はここ必出なのでよく勉強しておくように。

そのまま数字出るよ!!

0.354%というのは自営業でも公務員でもない
我々のような会社員が支払う「厚生年金負担」における
今月から施行された負担額増率で、
なんとこれ毎年同率アップしていって先月まで総報酬額の13.58%であったそれが
2017年9月まで上昇しつづけ18.3%で固定されるという、
「保険料水準固定方式」とよばれる段階的保険料引き上げ方式のこと。

そう、
たとえば給料25万前後の人で3万3,4千円取られていたそれが、
12年後には4万5,6千円取られるようになる計算で、
まぁその頃、単純に給料が倍になってるとして
毎月9万1,2千円はもってかれるという、、、

給料50万あってもいろいろ引かれて手取りは30万台だね♪



とにかく痛いのです。
生活はますます厳しくなる一方ですわ。
[PR]

  by gstomach | 2005-10-13 10:23 |

Route 318

今日はお休みだったが
明日から我がコンセプトレストランのメニュー替えが始まるということで
休日にも関わらず出勤。

レシピの確認とオペレーションのイメージトレーニング、
それに仕込みや発注やらの新しい食材リストや各種書類の作成を行った。

調理技術がある程度身についていると
イメージトレーニングしとけばあとはぶっつけ本番で作れるのはかなり有利。

途中深夜にも関わらず採用関係の電話があり応対。
36才という、うちで働くにはけして若くない年齢で応募してきた彼は
実に人柄のよさそうな柔らかい物腰の持ち主であったが、
些か元気と快活さにかける。

一通り社風というかどんな職場なのかを説明し、
いくつかの質問事項とどんな人材がこの会社でやっていけるのかを
包み隠さず説明したところで相手が若干怯んだのを感じた。

信念と志、ビジョンをもっていれば何もこわくなかろうに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


一通り作業を終え腹ごしらえをしたあと
先日高校時代の先輩に教わった環状7号線から大井埠頭、
城南島を経て臨海トンネル、第二航路海底トンネルを抜けてお台場へ到るルートを
愛車の883でトレースする。

深夜も4時を過ぎ、一般車両の見当たらない広い産業道路を
ミッションを5速にいれ時速70キロ弱くらいの割とゆっくりとしたスピードで
巡航すると883は非常に心地よいエキゾーストノートを奏で、
音の一粒一粒がたまらなくセクシーな鼓動を全身に伝えてくる。

途中大型貨物車が撒き散らす排煙と砂埃さえなければ最高のストリーミング。

お台場からは前後に他の車の姿が見えない状況でレインボーブリッジと台場の夜景を
独り占めし、芝浦、赤羽橋、六本木、渋谷と抜けて岐路に着く。


季節も10月の中旬にさしかかり
アクセルを吹かして斬る風はすでに震えるほどに寒く、
コンビニのホット缶コーヒーがたまらなくうまく感じる。
[PR]

  by gstomach | 2005-10-12 05:42 |

J

本日早朝から我が職場の地下駐車場にて
某有名ロックアーティストの新作CDのジャケ写撮りがありまして、
仕事終わりにお茶だししたりいろいろ手伝ったりしながら見学してきました。

まぁマイナーっちゃマイナーなんですが、
私にとっては記念碑的な人でありまして、
中学時代に熱狂的ファンでバンドでカバーまでしちゃってた
あのルナ○ーのベーシストJさんなのであります!!

本人案外小作りで、気さくな人柄でして、んー色々と不思議な感じです。
[PR]

  by gstomach | 2005-10-07 08:21 |

Always I try to do my best !??

おとついから腹痛と下痢に悩まされすこぶる体調不良。
固形物食べているのに固形物が出てこない。(失礼)

就職してからというもの最初から付きまとっている教育問題。
自分の担当は当初外国人だけだったものが今や
アルバイトのほとんどになって毎日頭を悩ませる。

日本人なら日本語が通じるので言えばわかるのが助かるが、
外人はこうはいかない。

先日毎日毎日同じことを注意してきてとうとう堪忍袋の緒が切れた私は
つい感情的に怒ってしまった。

かねてより記憶力と形状把握能力に著しく障害があるのかとも疑っていた
彼は、一度として同じ仕上がりに料理を作ることができずいつもいつも私が
注意しては手直するという、手間と時間、人権費の無駄遣いを強いられていた。

今回もいつもと同様に駄目出しした私に彼は、

「ダイジョウブデス。コレデダイジョウブデス。」

となかなか認めようとしない。
こちらとしては当然大丈夫でないから駄目出ししているわけで、
しかも毎回毎回何がどう駄目なのか絵に描いて具体的かつ丁寧に
説明してあげているのにまだわからにのかと、とうとう我慢しきれず。。。

「毎回毎回同じこと何度も注意させやがって
いいかげん人の言うこと素直に聞いて直すところ直さないとお前はクビだぞ!」
(この直後英語に翻訳して今何を言ったか説明する。)

といってしまった。
これで少しはおとなしく人のうこと聞くようになるかと思えば

「クビ?イイヨ!!クビイイヨ!!」

とできるもんならやってみろ!とばかりに何故か自信満々に逆ギレ。

一体こいつのまったく反省しないふてぶてしさと根拠のわからないその
自信はどこから来るのか!!??

その後少々時間を設けて彼と会話し、
今のシチュエーションで逆ギレはおかしいこと、
覚えられないなら何度も教えているように絵(図)を描いて理解を深めるとよいこと、
を落ち着いて説明。

逆ギレしたことには素直に謝罪をしたものの、
絵は描けないから描かないと意味不明な強情っぷり。

できないならできるように努力するのが仕事だし、
我々職人の仕事なんて特に常により上のレベルを目指して
日々研鑽を積むのが当然の世界にあって、まったく理解に苦しむ。

たしかに一方で自分のできることだけをルーティンのごとくこなすことも仕事である。

しかし我々の業界そんな仕事にまったく価値はない。

同じこと同じものをするにしても人より優れている、あるいは
よりクオリティの高いことが認められるのだ。

ただし、我々が暗に定める“標準”を満たしていればそれはそれでまかり通る部分もある。
それすらも満たせないから毎日毎回怒られるのであって、
そこをどうにか理解してもらいたいのだが、
彼のその表情から一切納得していないことがわかる。

ここで話をごくシンプルに戻して

今怒られているポイントは何か?
それがわかってるのなら、何故さっき「これで大丈夫」と言ったのか?
を質問してみた。

すると彼が言うには

"Always I try to do my best!!"
「ダカラダイジョウブデス。
ワタシハ イツモ デキルカギリ サイコウノモノ ヲ ツクッテマス。
アレイジョウ ハ ムリデス。」


ようやく判明した彼を根底から支える自信の根拠は

自分のできうる最高の仕事=一般的にも最高の仕事

というハチャメチャなロジックそのもので、
それが判明してしまえば納得させることなど造作も無いことだった。

お前の仕事と他の人の仕事のどちらがよりクオリティの高い仕事か?
そして、おまえの最高の仕事がお客様にとって必ずしも最高でないことを肝に銘じよ。
あくまでも仕事のクオリティを決定するのは消費者であるお客様の側にある、
それが我々の仕事なのだ。

仕事の説明に関しては一件落着。
ところで絵を描かない、描けないのには何か理由があるのか?

それを彼に聞いてもわからないというだけで埒が明かない。

彼が仕事をできない理由の一つに明らかにその問題がある。
よく図で物事を理解できる人は仕事ができるというがその通りだと思う。
彼の場合、ものの配置や保管場所、お皿の向きや盛り付け方、仕上がりの形など
未だに満足にできるとはいえない。

覚えられなければ描いて覚えろと口を酸っぱくして言ってきたし、
わざわざ描いたものをあげたりもしたが成長しない。
これは単に頭の良し悪しとかではなく
本格的に右脳の発達が遅れているのだなと疑い始めたのが先月。

これが彼の生まれ育ったバングラディッシュの環境によるものなのかどうかは
わからないが、偶像崇拝を極端に禁止するイスラームの宗教上の理由から
偶像をつむぐ行為、つまり絵を描くことなどが教育カリキュラムから完全に排除されている
のかもしれないと勝手に想像を膨らませている。

だれかこの辺詳しい人いたら教えてほしい。
[PR]

  by gstomach | 2005-10-05 08:26 |

I owe you one.

昨日は海外留学時代共に過ごした仲間が
わざわざ自分の働くお店に集まってくれて
とてもうれしかった!

みんなありがとう!!

ドイツにいたとき同じ学生宿舎に住んでいたスペイン人のベルナットまで
来てたのには流石に驚いた。しかも日本語ぺらぺらになってるし。

(外人が日本語をしゃべるとかわいらしくなるというのはどうやら本当らしい。)

日曜のドピーク時でなかなかみんなとしゃべることができなかったのが残念。
願わくば一緒に食って飲んで大騒ぎしたかったものだ。

しかし

自分が自分のもてる能力をフルに発揮して自分にしかできないことを
追求してみんながこういうふうに集まれる“場”を創出してゆけば
いつでもあうことができるのだ。
そんなふうに強く思えた。
[PR]

  by gstomach | 2005-10-03 08:46 |

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE