<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

not come to much

うまくいかない。

組織の中でマイペースを貫き通すことほど骨の折れる作業は無い。
自分の求めるスピードと組織の求めるスピードの乖離がフリクションの原因。
そのとき個人のスピードは組織にとってもはや罪となり、格好の的となる。

それでもマイペースを貫き通す、リンクの上の荒川静香になりたいと思う。
感性の琴線に触れないものにはイノ・バウアー。
[PR]

  by gstomach | 2006-02-26 10:36 |

massage

いつもどおり仕事から帰って就寝し夕方に起きると
たまった洗濯物を片付ける。

いいかげん馬鹿らしい洗濯物干しの労力と時間に我慢も限界。
先日偶然見た、ご存知ジャパネットた○たのテレビショッピング。
そこで紹介されていたドラム式洗濯乾燥機を思い出し
ホームページで商品確認。

何がお買い得だったかというと、

1.今使ってる洗濯機を3万円で下取りしてくれる。
2.省エネモデルで水道光熱費が今より年間3万円もお得。
3.分割30回までジャパネットが負担。

というわけで18万円の洗濯乾燥機を15万円、分割目一杯30回月々5千円でご購入。

http://www.sharp.co.jp/hg90/index.html

今使ってるのはもう今年で9年目なので大往生としましょう。
しかもそんなのが3万円で下取りしてもらえるなんて最高です。
これでわずらわしい家事から一つ解放された!

---------------------------------------------------------------------------------------

深夜、友人の紹介で行ってみたかったタイ古式マッサージを初体験した。

ホリエ○ンも通っていたというその店は職場に近く、カフェもあって
様々なアジアンフレッシュドリンクやお茶、タイカレーやヌードルが楽しめる。

お店のスタッフはよくうちの店に仕事帰りに寄るので顔見知り。
突然の訪問に驚いてはいたが馴染みのおかげで高待遇。
丁寧に接客してもらいました。

小柄でかわいらしい女性スタッフが多く、ラフな格好に着替えた後
足先から全身にいたるまでみっちり一時間薄暗い個室でマッサージ。

そっちねらいの客(ホリエ○ン?)にはまさにツボな店かもしれないが、
自分のように全身凝りまくりで疲労困憊の体には些か力不足で
気持ちよくなるほど患部に届かずじまい。
マッサージの内容だけなら柔道家の整骨院がやはり良い。

まぁ若くてかわいい女の子に個室でゆっくりマッサージしてもらえるということで
プラマイゼロとしましょう。

体がほぐれるほぐれないは別に心をほぐしに月一は通おうか。
[PR]

  by gstomach | 2006-02-24 05:24 |

enjuku

皆さんもう飲みましたか?

キリンの新発泡酒



“円熟”



うまいですねこれ!
喉越しも後味も良し。仕事終わりに毎日飲んでます。
職場の連中にもお勧めして今やブームです。

高中低速、各々のスピードでこの味わいなかなか無い。
[PR]

  by gstomach | 2006-02-22 08:59 |

rhathymia

なんて発音するのかわからんこの単語。
ラジィミアか?

「のんき」を英訳したかったわけです。
辞書では出てきませんでした。

で、ネットで検索かけたらEasygoingnessという単語が出てきまして、
こっちのほうがしっくりくるなと。

easygoingness

n : being without worry or concern

Source: WordNet ® 2.0, © 2003 Princeton University


俺ってのんきだなぁっとつくづく最近思うわけです。
こののんきさこそが神経太いといわれる所以なのだと気づいた。
どうやらこいつが仕事では周りをムカムカさせる要因らしいですな。

実力と実績、つまり結果が伴ってくればこれが“安心”、“信頼”に繋がるわけです。
あせらない、あせらない。
[PR]

  by gstomach | 2006-02-17 08:47 |

same age-s

久しぶりの休みは睡眠を3時間に限定し日中から行動。
様々な雑事をこなし夕方からは渋谷で友人に会って食事し、
その後、夜は西麻布で飲みモード。

西麻布のその店のシェフは同い年で同業者同士意気投合して
大いに盛り上がる。

深夜頼まれていたものを届けに職場に出かけ、
ついでにバーカウンターで一人一杯やっていると、
バレンタインだというのに女二人で酒を飲んでいる客に
さみしそうに思われたらしく声をかけられる。

その場の雰囲気でテーブルを同じくして3人で飲み始めると
妙に意気投合。話しているうちに皆同い年であることがわかりますます盛り上がる。

そんなこんなで朝方まで飲み続けた休日。

同年代に何かしら縁のある一日だった。
[PR]

  by gstomach | 2006-02-14 05:45 |

do brainwork once in a while

毎月恒例の会議です。
一番の得意分野です(爆)。

夕方から4本立てで正直しんどいです。

上へ行けば行くほど理論と現場論理の融合を図りますが、
なかなかそううまくいくものでない。

複雑系はジレンマにほかならない。
[PR]

  by gstomach | 2006-02-07 06:59 |

The Miceteeth

友人のJOEに誘われてThe Miceteethのライブに行ってきた。
事前に予定を空けて楽しみにしていたそれは大好きなスカバンドで
聴いて幸せになれる音楽だった。

ライブ会場で最初に陣取ったところがコアなファンのいるところだったらしく
踊り狂って一緒に大盛り上がり。(ちょっとついていけなかったのは年のせいではない?)

若い女の子が多かったけれどスカバンドでレゲエテイストの
割とゆるい楽曲のおかげか、それほど癖のあるファンがいるわけでもなく
はじめてでも大いに楽しめた。

ぎゅうぎゅう詰めであまり勢いよく踊っちゃうと周りの女の子がつぶれてしまいそう
なので控えめにしていたが、そんな心配することはないほど彼女らはパワフルで
むしろこっちがどんどん後ろへ後ろへと追いやられてしまった。。。

ふと社会(会社)で荒波に飲まれてもがき苦しむ自分の姿を重ねてみたりして、
さらに横で踊るJOEを見て同じようにこちらさんも飲み込まれているんだなと感じ、
一見うまく波を掻い潜りながら踊っているようでも実は多少強引なそれを見て、
実はこれが”解放”なのかもしれないと思ったりした。
自分のそれはただの”意地”とか”見栄”なのかもしれない。

その後、汗だくになって渇ききった喉にビールを求めしばし談笑。
下げずまれぼこぼこにされる環境はそんない悪いものではなく、
むしろ自分のためにはすごくいい環境で、
そんな中にあって“解放”してしまうことで楽になれるなんてことを話した。


なんだか肩のこる最近の居心地の悪さに
”解放感”を与えてくれたマイスティースの音楽に感謝。感謝。

帰りTsutayaによってとりあえずアルバムをすべて衝動買いして
今夜は流しっぱなしでビールを飲む最高にわくわくする金曜の夜。
[PR]

  by gstomach | 2006-02-04 01:27 |

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE