brain storming

転職を目前にしていろいろと考えを整理している。

2年限定で寄り道した飲食店の現場は、
期間限定でなければ到底耐えられなかったであろう悲惨な
経験を積ませてもらえた。毎日が修羅場だった。
何度も何度も人間や人格を否定、破壊され、そのつど自分を失い
最近ではすっかり自信や明確な意思、意識すらどこかへ無くしてしまっていたほどに
焦燥しきっていた。

そのような状態でとても結果を残せるようなクリエイティブな仕事など
生まれるはずもなかった。

極限だった。

それだけに人として一番失ってはいけないものを
確信して自分の内にしかとつなぎとめることもできた。

もちろんそれと同じくらい楽しみや喜びを見つけられた。
このまま料理人のままでいいかもしれないとすら思ったこともあった。
自分のできる範囲の、せいぜい5,60席のレストランをオープンして
自分の好きなお客さんを集めてそれなりに毎日楽しく過ごす道も考えた。

しかし、商売の現実を知れば知るほどその道の延長線上にある自分の
過った、魔が差したビジョンはどんどん下方修正されていった。





本来のクリエイティビティと自信に満ちた自分の姿はどこへ?





そうした自問自答を繰り返すこと半年。

都合により若干早まった退社のおかげで、
新しいことに思いを巡らせる余裕ができ、まるで堰を切ったかのように、
今まで心の奥底にしまいこんでいたアイデアが溢れ出す。


この2年単に寄り道しただけの無駄な時間ではなかった。


新しい視点を手に入れた。

それはまるでシナプスが脳内で新たな回路を形成するがごとく、
あたかもそう知っていたかのように自分のうちに存在する。

いままで漠然と描いていたイメージがくっきりと実像を結ぶ瞬間、
まさに暗闇で相手を探してさまよう手が何かを掴んだ瞬間、
メールでしかやり取りしたことがなく勝手にイメージしていたあの人の人となりを
実際に会って確かめたかのような瞬間。

そのような感覚。





職能は社会に貢献するべく職業として成り立たねばならない。
そのとき建築家という職業が受身であってはいけないと思った。

自らがクリエイトした建築物を自らがマネジメントする方法を思い立ち
ビルオーナーや商業施設の管理などを考えた。
しかしそれではただの不動産屋。

そこで経験とノウハウのあった飲食店に着目した。

一般生活に最も近いサービス業にどっぷりと浸かることで
人に奉仕すること、社会に奉仕すること、地域の活性化に貢献することを
自分の内に強く思うようになった。


まちづくりに行き当たる。


まちをつくるのは都市計画家でも行政でもない。

人だ。


例えば、鄙びた商店街を蘇らせるために、我々がしばし用いる
人々のアクティビティを誘発するため、に、何かを仕掛ける。


その何かとは?


何かしらの集客施設?流動の結節点?




否。

それはそもそも人々がそれを目的にやってくるような代物ではないのだ。



ではアクティビティとは何か?




今なら自信をもってこう答える。





アクティビティとは生活である。と



まちは人が生活することによってつくられるのだ。


ならば自分がすべきは人の生活に役立つことだ。
より良い住環境のために精一杯のエールを送り続けることだ。


人の生活の基盤である“住まい”に重点を置きながらも
生活に活力と潤いを与える商用スペースを提供すること。


建築家の職能を不動産業というあり方で職業化すること。
そこにスパイスを効かせてうまく調理するのが料理人の職能。

これが今の段階で描きうる近い将来のビジョン。
[PR]

  # by gstomach | 2006-10-08 06:26 |

redraw a blue-print

将来の青写真を描きなおそうと思います。


いや、やりたいこと自体は変わらないんですが。
つまり解釈の違いです。
それにより実業家としてのあり方は若干変容しました。

どのようにして関わっていくか、の違いなんですがね。



自分としては、従来の青写真よりもより具体的で
実践的なものとなったように思います。



とりあえず、次のステップへ向けて転職します。

当初の予定では現在の会社を2年勤める予定でいましたが、
せいぜい来月一杯で辞める予定です。
諸所の事情により若干早まりました。


必要なことは十分に学べました。
自分に足りないところや弱いところ、適性についてもよくわかりました。
なにより元来ゼネラリスト向きであるはずの自分がスペシャリストとして
現場勤務すること自体に無理があったように思います。
それでも現場からの視点を手に入れられたことは
何者にも代えがたい財産になったことは言うまでもありません。


当初、

「飲食店経営を主軸としたまちおこし事業」

と銘打って始動した私のキャリア人生は、今や

「まちおこしのための飲食業を含む不動産活用」

として再出発し始します。



ここでは事業主である私は、経営者として飲食店にいるのではなくて
それを仕掛ける、きっかけをつくるために外部にいるというのが
従来との大きな違いで、その形態は不動産会社になります。

単に不動産会社といっても賃貸アパートを仲介したり売買物件を
取り扱う類のものではなくて、あくまでよりよいまちづくりのための
プロデューサーやコーディネーターといった趣で、例えばどこそこの空地を
このように利用、活用すればまちはこのように良くなる、そしてそれがアパートや
マンションといった集合住宅であるならば、そこに住む人口に対して腹を満たせるだけの
、ニーズにこたえられるだけのこのような飲食店が必要だろう、というような総合開発的な
アプローチをするものになります。我々はこれを通常ディベロッパーと呼びます。

つまりはそういうことです。



転職先の希望としては、

なるべく規模が小さくて社員数が少ない少数精鋭の会社で、
早い段階からバリバリ仕事の任されるところ。

ようやく正規のルートに戻って頭脳労働に従事できそうです。
[PR]

  # by gstomach | 2006-10-05 12:20 |

black out

今朝は停電。
都内一部及び千葉、神奈川などでも広範囲で停電。

仕事も終わってさぁ帰るかって時に、「バヒューン!!」って職場の電力がダウン。
そのタイミングのすごさといったら。。。

ちょうどね、季節柄ですからついこないだした心霊体験の話で
仲間と盛り上がっていたんですよ。

そしたらいきなりブラックアウト(笑)。

もう悲鳴はでるわパニックになるわで大騒ぎ(笑)。


「出たよ出たよ!!やつが出たよ!!」


もう惨憺たる状況で、それでも冷蔵庫やら製氷機やら
電気器具のたくさんある職場では営業に支障があるといけないので
電力を復旧しようとブレーカーのある部屋に
懐中電灯片手に突入♪(←たった一人で)

この部屋が実は出ると噂の部屋で、おそるおそるブレーカーの納まっている
獣臭のするボックスの扉を観音開きに開けると、どこもブレーカーが落ちていない。

背筋のぞくっとするのを感じながらも冷静に考えをめぐらせて、
スタッフに表の信号機を見てくるように指示。

思ったとおり付近一帯が停電。
ちょうど時を同じくしてご近所さんもうようよ表に出てきて、
まもなくパトカーがけたたましく走り回り始める。

警察の報告でも原因不明とのことでみんな不安になっていた。

そんなときに思わず役に立ったテレビ付携帯電話
小っちゃい液晶画面を音量を最大にしてみんなで覗き込む。

徐々に状況も掴めはじめて、部分的な復旧がなされているのを確認すると
この辺りももうすぐ復旧するだろうという目処が立って一安心。
程なくして無事に復旧。

それにしてもワンセグ対応機でないために画像の乱れにやきもきした。
これを機にアクオス携帯の購入を決意。

一時間半ばかり現場に立ち会わなければならなかったが、
何気に夏の思い出になったかもしれない。
[PR]

  # by gstomach | 2006-08-14 09:18 |

Summer Jumbo

あたったかも。
5等だけどね。。。

取り合えず元取った。
[PR]

  # by gstomach | 2006-08-12 08:50 |

Johnny my love...

帰宅後にプシュッとやっておつまみには、


男前豆腐店の豆腐屋ジョニー

a0037543_9564721.jpg



普通の豆腐に薬味たっぷりでもいいけれど、
豆腐そのものがうまいこいつにかつお出汁の利いためんつゆを
ぶっかけてスプーンですくってパクリ。

最高です。
[PR]

  # by gstomach | 2006-08-11 09:54 |

Who is the enemy ?

敵は誰?




自分です。




と結論から切り出しておく。


普通に生きていると常に何かしら他人のせいにしてしまうことがたくさんありますね。
どんな人にも。

こと職場で“教育”などというものに真剣に関わっていたりすると
余計にそれを感じるのです。

我々の場合は教師ではなくてリーダー、指導者としてですが、
それが毎日毎日とてつもなく実りある経験を差受けてくれるのです。

それこそ毎日生まれ変わる感覚。
指導することはされるより学び多し。

こんな経験ができるのなら教師という仕事はさぞやりがいのある仕事
なのだろうと思うのです。


しかし“先生”という呼び名がいけない。

いっそのことリーダーに変えてしまったらどうか。
そしたらもっと教育の現場は改善されるだろうに。


一方通行の教育ではもはや通用しない、まさに他人のせいにしたくなる
状況下で変えなければいけないのは、変わらなければいけないのは




自分




なのです。

相手に合わせて柔軟にやりようを変化させることのできる
主体変容の重要性を切に感じる今日この頃。
[PR]

  # by gstomach | 2006-07-29 10:10 |

patience

”我慢”は仕事の目的にはならない、
そんなことは当たり前のはずがいつの間にか

“夢の実現のために今は耐えるのだ”

的ないかにもそれらしい言い訳を部下にまでして
それで下がついてくるはずがあろうか。


たとえばそれを口にまで出さないにしても
上が我慢しているのが目に見えてわかったり、
楽しんでいるように見えなかったり、
それが上に立つということだ
という認識を下が得てしまったとするなら



誰が進んでそのポジションにつこうとするだろうか?
誰がそれを目標とするだろうか?





 毎日毎日同じことの繰り返しに見えるその仕事の先に見えるものは?

  繰り返し型の仕事で得られることとは?

   また繰り返し型の仕事からしか得られないこととは?



とんでもないミスの後に上司にいまだかつてない怒られ方をして
しかしながら今までとは違った“感謝”の念を覚えたのは、そう、



     答えを得た。



自分の最大の弱点を突きつけられ、その先に見たものとは、




それを克服して成長した自分。




今がまだ駄目でも今ここにいる自分は生まれ変わった自分。

一年前からは格段に進歩、成長した自分。


自信をもってそう言える自分。






あなたはそう言えますか?
[PR]

  # by gstomach | 2006-07-22 10:32 |

added value

仕事を通して得られるお金以外の付加価値。

スキルだとか人脈だとか、経験だとか鍛錬だとか。
それこそが仕事を継続するためのモチベーションになる。

凹まされる経験を自己成長のためにありがたいことだと思える、
これを乗り越えたら成長した自分に出会える、もっとおもしろい人間になれる、
そういった自己改革の道筋、ビジョンが描けるか描けないか、
これこそができる人とできない人の差を隔てる心構えなのだ。

夢やビジョンばかりが先行して、こういう人間になりたいという
人生そのものの目標が描けないと、いくら絵空事を思い描いたところで
それは単なる妄想に過ぎない。

ある人は仕事を通して自己実現を図る。
自己実現の欲求とはつまりマズローによる欲求階層の最上部にあたり、
仕事のモチベーションの最も重要な部分にあたる。

仕事の付加価値=自己実現の欲求は、他人や上司から与えられるのではなく
自分自身で掴み取るものだ。
[PR]

  # by gstomach | 2006-07-19 09:52 |

wanted

ウォンテッド@休日♪

休みをくれ。
寝ても醒めても仕事が頭から離れない。
夢の中で仕事してます。
30分おきに目が醒めます。

24時間戦えますか?
戦うしかないんです。



合羽きてバイクで出勤したものの帰りは流石に萎えて
バスで帰宅。

バイクと共に鍵一式も職場においてきてしまい(疲れてます)
再び庭側の窓をガチャガチャ30秒やって開けて部屋に侵入。

大雨だというのに二酸化炭素を察知した薮蚊が庭木の葉の下から
うようよ沸いてきて襲撃してくる。
両手をパンパンして10数匹撃退したものの一撃食らってしまった。

ものすごくかゆい。。。


帰りの途中行きつけのバーに寄って3杯。
ここでママ(とはいっても年は近い)にどうでもよい話をして
ちょっと愚痴ったり。
肩がやたらと凝るという話でおもむろに出されたロフトに売ってそうな健康グッズを
やたらと気持ちよがって使っていると、それあげるよ、とバッグを持たない今日は
素手でお持ち帰り。
今も肩にハメてモミモミしながらタイピング。
[PR]

  # by gstomach | 2006-07-18 11:47 |

July

久しぶりに更新。


ここ一ヶ月まったく書く気が起こらなかった。

いろんなことの問題提起がなされ、実に悩ましい日々を送っている。
困難な状況ではあれど、ここを乗り切れば自身の実力向上と発展が
実感できそうな感覚もある。


ここまでストイックに自分磨きを要求される職場はそうはない。
ハッタリは通用しない。語るは自分の手腕一つ。

立ちはだかる困難がすべて自分の、未来のためと思えるからこそ、
決してくじけることなく、情熱を絶やすことなく歩み続けることができるのだ。


同志は概ねそのような心構えを備えていこそはすれ、
部下まではそういうわけにはいかない。
それを上司である我々の手腕であるといってしまえばそれまでだが、
それにしてもへっぽこばかりな新人類。
[PR]

  # by gstomach | 2006-07-13 09:28 |

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE